糸番手

糸番手とはの太さを表す単位である。恒重式(番手法)恒長式(デニール法)によって表す。番手法、デニール法とも呼ばれ、の重さと長さに一定の基準を設け、の太さを表している。糸番手は数字が大きい程細く、小さいほど太くなる。例として20番、40番のを比べると20番の方が太い。
一般に重さと長さの関係上、綿に代表されるスパンヤーン番手ポリエステルナイロン等のフィラメントヤーンデニールを単位とする。

関連項目


恒重式(番手法)
恒長式(デニール法)
綿

スパンヤーン
[番手]]
ポリエステル
ナイロン
フィラメントヤーン
デニール

あなたにおすすめ関連記事


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る