グルカパンツ

グルカパンツとはインドの対英大反乱(1857年)に、旧英国領のチベットの山岳民族出身グルカ兵(ネパール人兵)が傭兵となり着用した丈が長いミリタリーパンツが由来で、正式にはブリティッシュアーミーグルカトラウザーという。
全体にゆったりとしたパンツで、股上が深く、幅広のウエストバンドを付けているのが特徴。通常のパンツとは違いウエスト部分につけられたアジャスターウエストを調節する仕様となっている。またフロント左右に二本ずつタックが入っており、これらにより見た目のインパクトがある。綿使いで色はカーキオリーブが多い。
その後も多くの軍隊でアレンジしたパンツが採用され、年代や軍隊によって様々な仕様種類があるが共通して見られるディテールが深いタックと持ち出し式のベルトである。

その特徴的なディテールを取り入れたパンツを今までに多くのブランドが提案しており、ミリタリーファッションとしてヴィンテージ、レプリカ、簡素化したカジュアルパンツの他、サファリルックの代表的アイテムとしても扱われていた。ワイドパンツが流行すると出現するアイテムである。
ファッションアイテムとしては日常で扱いやすくアレンジしたものが多く、アジャスターの代わりに共地で作った着脱出来るベルトに置き換えたり、深いタックでゆったりとした腰回りのディテールは活かしつつ裾に向かってテーパードしたすっきりしたシルエットのもの等、メンズ、レディス共に提案されている。

同様の丈が短い半ズボンをグルカショーツ、ブリティッシュアーミーショーツ、コロニアルアーミーショーツ、ボビーショーツと言う。

グルカパンツ.jpeg

関連項目

パンツ
ウエストバンド
ウエスト
アジャスター
タック
綿
カーキ
オリーブ
グルカショーツ
コロニアルアーミーショーツ

あなたにおすすめ関連記事


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

アイテム名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る