オペラグローブ

オペラグローブ(英: opera gloves)、または、イブニンググローブ(英: evening gloves)とは、ローブデコルテウェディングドレスなどの女性用礼装の一部として着用される肘上から二の腕まで至る長い手袋のことである。それらのドレスはキリスト教における儀礼用の衣装に由来し、戒律に厳しく儀式を重んじるカトリック系の教会では肌の露出を極力抑えることが求められ、半袖もしくは袖のないノースリーブのドレスは肘上まである長手袋が着用された。そのため、神聖な場所での正装としての意味合いが強く、清楚な淑女の洗練された装いとされる。

ドレスコードの最上位グレードである「ホワイトタイ」では、女性は床丈のイブニングドレスと白の長手袋を着用することが規定されている。