DP加工

DP加工とは「durable press process」の略。パーマネントプレス加工(PP加工)と同義。
樹脂加工の一種で、綿レーヨンなどの100%生地や混紡生地に樹脂を塗布したあと、高温で熱処理する加工。何度洗濯しても型くずれやしわの心配が無く、ひだやプリーツも消えにくい、半永久的にアイロンがけ不要の生地ということから、この名が付いた。W&W加工を発展させたものだが、最近はこれを更に発展させた形態安定加工が多くなっている。

関連項目

パーマネントプレス
樹脂加工
綿

レーヨン
プリーツ
アイロン
形態安定加工

あなたにおすすめ関連記事


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る