ベルシェイプカフス

ベルシェイプカフスとは、袖先についたカフスの裾が広がっているものを指す。ベルシェイプには「釣り鐘形の」という意味があり、袖先が広がっている様子が釣り鐘に似ていることに由来している。また、袖が釣り鐘のように広がっているものを「ベルスリーブ」という。

関連項目

カフス
ベルスリーブ

あなたにおすすめ関連記事


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る