コットンラチーヌ

組織 平織

品質 綿

ラチーヌとは仏語で「毛を縮らす」の意味で、飾撚糸の名であると共に、その糸で織った織物の名でもあります。この飾撚糸を我が国では<リングヤーン>、または<リング>と呼んでいます。
織物の表面や風合いに変化を与えるために、芯糸に回転差をもたせた2本のをコブ状に巻きつかせて、撚ったで織ったもので組織密度は低く、地合いは透けてみえます。感触は柔かいけれど肉は厚く感じられます。このラチーヌ糸を織り上げたもののうち、綿織物を<コットンラチーヌ>と呼んでいます。

コットンラチーヌ.jpg

関連項目

織布
織物
平織
綿

あなたにおすすめ関連記事


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る