CG

CGとはコンピューターグラフィックスの略。コンピューターグラフィックスとはコンピューターを用いて図形や画像を作る手法、またはその機器を指す。統計グラフの作成、衣服・柄のほか自動車・建築物・内装等の設計、アニメーションの作成など多くの分野で実用化されている。アパレル業界では、CGはスタイル画の作成をはじめ、テキスタイルデザイン、アパレルのデザイニング、製品や配色のシミュレーション(ビジュアルサンプル作成)、販売促進パンフの作成などに活用されており、さらに生産に直結するCADCAM、延反機、編機、生産管理システム、販売管理システムなどの各データとの一元化が進められる際、トータルなシステム構築のすべての要素に関わっている。

関連項目

コンピューターグラフィックス
アパレル
CAD
CAM
編機

あなたにおすすめ関連記事


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

その他用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る