鬱金色

鬱金色とはアジア原産の生姜の根茎で染色したさえた黄色のこと。派手な黄色で「さかんな金」の意味で江戸時代に流行した。財布の色であったり包みの布などに用いられた。また、沢庵やカレーの着色にも用いられる。

関連項目

染色

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る