酸化染料

酸化染料とは酸化すると不溶性の色素ができて発色する染料のこと。
染色方法が難しいために服地の染色に用いられることは少ない。1864年にライトフットが発明したアニリンブラックに始まる。安価で日光、洗濯に強い。

関連項目

染色

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る