蝋鏑染め

蝋鏑染めとは手工芸的な防染法の一種で、臈纈ともいわれる。ろうを防染剤とするもので、綿などの織物上に、築または筒を用い、ろうで模様を描いてから染め、染めたあと、ろうを除去して白く抜く。
また、ろうを木版につけて型押し(すなわち、ろうの捺染)する方法もある。いずれも、ろうのひび割れでできる細い不規則な線が現われるのが特徴。

関連項目

染色
防染
臈纈
綿

織物
捺染

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る