緞子

組織 朱子織 Edit

品質 レーヨン Edit

緞子とは経糸に諸撚り先染め緯糸先染めを使用し、昼夜朱子組織によって紋様を表わした比較的重目の織物
緞子は中国が原産で、非常に美しい光沢のある鮮明なジャガードによる織柄が特徴である。の精錬先染糸を使うが、時により緯糸レーヨンフィラメントを使うことがある。
緯糸に1色のを使ったものを一重緞子、2色以上のを使ったものを二重緞子という。緞子の用途は女性の帯に多く使われているが、カーテン、袋物にも使われている。広く緞子といわれる中に西洋緞子というものがある。
中国からインド、アラビアへ伝わって、シリアのダマスカスで大いに発展したもので、表朱子と裏朱子を組み合わせて大柄な織模様をつくる。すなわち昼夜朱子織物であることは上記の緞子と変わりはないが、多色の派手さがなく、一般にダマスクと呼ばれるもので、これには綿糸スフなども使われている。

緞子.png

関連項目 Edit

織布
織物
朱子織

レーヨン
経糸
先染め

緯糸
ジャガード
フィラメント
ダマスク
綿糸
スフ

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る