紅型染め

紅型染めとは沖縄県の特産の染めもの。型紙を使って地の部分に防染のりを置き、模様の部分は刷毛や筆で彩色する。
彩色しない部分を白地で残す白地型と、彩色した部分に防染のりを置いて地色を染める染地型とがある。またあらかじめ地染めをした布地に模様をすり込む浦添型や、藍一色で染める護型などの方法もある。

関連項目

染色
防染

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る