浮かし染め

浮かし染めとは染料を液体の上に浮かし、その上に布を乗せて染める方法。染料が液の上で同心円や木目模様、波状曲線模様を表わし、それが布に転写され、引き上げて乾かす。
液体は水、または柔らかい糊を使う。墨流し染めはこの代表的なもので、墨汁を水面に浮かして波紋状の模様をつくり、その上に布をおいて染める。糊流し染めともいう。

関連項目

染色
染料
墨流し染め
糊流し染め

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る