括り染め

括り染めとは防染の一種で、布の一部をでくくって染色し、くくったところを白く残す染色法。
古くは纐纈染(こうけちぞめ)ともいわれ、日本だけでなく、海外でも昔から行われた手工芸的な模様染の手法である。でくくるだけでなく、生地を下絵にそって縫って引き締めて防染する方法、棒や板で締めつけて防染する方法などがある。織物に応用した高級和服地から綿の浴衣地、シャツ地、風呂敷まで応用範囲は広い。

関連項目

染色
防染

纐纈

織物
綿
シャツ

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る