抜染

抜染とはあらかじめ無地染された生地に模様を印捺し、その部分の色を白く抜き取ること。
可抜性の染料プリント下地を反染めしておき、染料を分解することでできる。着色を消すと同時に新たな色に染めることは着色抜染、単に着抜と呼ばれる。
綿はやわらかな風合いになる。小柄な模様が点在する図柄に適当な方法である。抜染プリント着抜プリントとも呼ばれる。

抜染.jpg

関連項目 Edit

染料
反染め
染料

綿
プリント
抜染プリント
着抜プリント
着色抜染

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る