後染め

後染めとは布地、衣服の状態で染色を行うこと。硬い風合いとなり、ジャージーやニットにおいては編み目が崩れたり欠点があらわれやすい。反物になった状態で染めるので反染め、匹染めなどと呼ばれる場合もある。染液のなかにつけて染めたものは浸し染め、ずぶ染めなどと呼ばれる。

関連項目

染色
反染め
ずぶ染め

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る