反染め

反染めとは反物を浸染で色無地に染色する方法のことで、後染めと同じ。表裏関係なく染まっているのが特徴。
フィラメント織物の場合は反のことを疋と呼ぶので疋染めとも呼ばれる。むらができるのを防ぐには、糸染めを用いるほうが適切である。

関連項目

染色
浸染
後染め
フィラメント
織物
疋染め
糸染め

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る