マーキゼット

組織 搦み織 Edit

品質 綿レーヨンポリエステル Edit

マーキゼットとはもともとは織物であったが、現在は綿レーヨンポリエステルなど、いろいろの素材のものがある。しかし一般的にはフィラメント使いのものが多い。
この織物経糸緯糸に強い撚りをかけて、搦み織にした地の薄い、透けて見えるようなものである。一般に使われるは、人絹では1200に1,000回1mの撚りのもの、綿糸では100s/zの1,600-1,800回1mのものを搦み織にする。
一般に手ざわりはしゃりっとしている。またドビージャガードで模様を表わしたものもある。織物以外にもラッセル編機で四角の目に編んだ類似のレースカーテン地もマーキゼットと呼ばれている。
色は白地が主であるが、淡色に地染めしたものもある。カーテンに多く使われるが、タウンウェア、婦人・子供服、ベッドスプレッドなどにも使われる。

関連項目

織布
織物
搦み織

綿
レーヨン
ポリエステル
フィラメント
経糸
緯糸

人絹
綿糸
ドビー
ジャガード

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る