ポリエステル

ポリエステルとは三大合成繊維と一つで、1958年、英国I.C.I.と技術提携で帝人と東レが生産を始めた繊維である。日本ではテトロンエステルの商標が有名であるが、これが帝人テトロン、東レテトロンの始まりである。
その後、東洋紡、ユニチカ等も生産を開始、東洋紡エステルも有名である。
用途は衣料用、産業用の他、人造血管等の医療にも使用されている。

<特徴>
・最大の長所として、ウォッシュアンドウェア(洗ってすぐ着られる)性能に優れている。
合成繊維の中では最も耐熱性に優れ、化学薬品に対しても強く、熱可塑性が大きい為、プリーツが安定する。
ポリエステル特有のシャリ感があり、清涼感、しわになりにくい。
<欠点>
・侵油性が大きい為、油性の汚れを吸収して汚れやすく、落ちにくい。汗等の脂肪分も付着しやすい為、脱いだらすぐ洗う必要がある。
・静電気を帯びやすい。

関連項目

繊維
化学繊維
合成繊維
三大合成繊維
テトロン
エステル
ウォッシュアンドウェア
熱可塑性
プリーツ

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る