フィブロイン

フィブロインとは生糸(きいと)の中軸をなすもの。繭(まゆ)からとれる生糸は約20-30%を占めるセリシン生糸の断面(にかわ状の蛋白質物質)と70-80%を占めるフィブロイン(アミノ酸物質)によって構成されている。
セリシン精練によって除去され、衣服となるものはフィブロインだけである。フィブロインは約1デニールと細くて柔らかく、これがの風合いとなる。

関連項目

繊維
セリシン
生糸
精練
デニール

衣服

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る