バーサカラー

バーサカラーとは肩先を包み込むほどに垂れ下がった大きな衿を特徴とする。バーサとは1840年代に登場したイブニングドレスの幅広衿のことで、1930年代には大きなケープ衿として復活した。
これに似た形の衿をバーサカラーと言い、前明きがないものが多く、また、裾にレースラッフルをあしらったものも見られる。

関連項目

カラー
イブニングドレス
レース
ラッフル

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る