バッチ式染色

バッチ式染色とは羊毛織物綿ニットなどは染液の入った槽の中に一定の長さの織物をループ状で、または拡げた状態で染液の中を繰り返し通過させながら染める。このような非連続式の染色法をバッチ式染色という。
比較的少量の布地を染めるのに適する。ウインス、ジッガー、液流などの方式の染色機がある。バッチ式は人手がかかり生産性も低い。

関連項目

染色
羊毛
織物
綿
ニット

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る