ジャガード

組織 Edit

品質 Edit

ジャガードとは意匠の大きな紋織物やラッシェルレース、ノッチンガムレースに用いられる装置のこと。
1804年、ジョゼフマリージャガードにより発明された。模様を合わせ経糸の開口を制御し、対象の模様を織り出すため、どんな模様でもそのまま模様にすることができる。ジャガード織りのことを短くしてこう呼ぶ場合もある。

ジャガード.jpg

関連項目 Edit

織布
織物
紋織物
経糸


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る     TOP PAGEへ戻る