アイボリーブラック

アイボリーブラックとは、像牙を焼いてつくられた黒色顔料の色のこと。炭素にリン酸カルシウムを含むため微妙にみを感じる黒である。
一般に動物の骨を炭化させてつくる黒色は、すべてこの色名で表記され、ボーンブラックともいう。
色材として、紀元前350年ごろ、アレキサンダー大王の宮殿画家アペレス(Appelles)がつくったといわれる絵の具の色である。

関連項目


色名

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る