JANコード

JANコードとは「Japanese Aryicle Number Code」の略。「日本共通商品コード」の意。1978年に制定されたバーコードの体系で、通常、商品の包装などに白黒のバーコードで印刷されている。この体系が整備されたことによって、まずPOSシステムが有効に機能するようになり、続いて在庫管理、棚卸、さらに他企業との受発注システムに利用されるようになってきた。アメリカのUPCコード、ヨーロッパのEANコードとも互換性がある。

関連項目

バーコード
POSシステム

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る