CALVIN KLEIN・カルバンクライン通販

ブランドヒストリー Edit

カルバン クライン(Calvin Klein)は1942年、アメリカニューヨーク生まれ。独学で縫製を学んだ後、ニューヨークのスクール・オブ・アート・アンド・デザインに入学。その後、ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)に進学し、62年に卒業。

大学卒業後は、ダン・ミルシュタイン・ハウス・オブ・デザインでアシスタントデザイナーを務め、その後ドレスメーカー数社で経験を積む。

68年、バリー・シュワルツと共にコートを扱うアパレル会社を設立、同時にレディースウェアのプレタポルテ・コレクションを開始。

ブティックにあるカルバンクラインのデザインを百貨店の経営者が見て、拡大路線を進めたことがきっかけで70年代からスポーツウェアのフルラインに向けて動き始める。1972年にスポーツウェア部門 、化粧品・香水の会社を設立。

73年、最年少で「コティ賞」を受賞。以後1975年まで、3年連続この賞を受賞する。70年代後半以降は、下着なども手がけてゆく。またこの時期、デザイナーデニムも開始。当時ブルックシールズが「カルバンのジーンズと私の肌の間には何も入れない」と言ったことが話題となり、カルバンクラインのジーンズは一躍有名となる。

93年、レディース・メンズ両部門で「デザイナー・オブ・ジ・イヤー」受賞。1995年に、ヨーロッパでカルバン クライン・コレクションを開催。

90年代後半、低価格販売による大衆化が進み、「CK」の名前の入ったTシャツ等が世の中に出回り、ブランド価値が著しく低下したと言われる。しかし、その時期に下着のボクサーパンツが流行し、会社は何とか維持。最近では低価格商品の販売を規制する動きを見せている。

2004S/Sより、フランシスコ・コスタがレディースコレクションのデザイナーを務め、イタロ・ズッケーリがメンズコレクションのデザイナーを勤める。2008年、フランシスコ・コスタがCFDAウィメンズデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

アメリカントラディショナルをベースにした機能的でマスキュリンなシンプルデザインが特徴。「全てはカッティングから始まる」という言葉通り、ボディラインを強調した洗練されたシルエットがニューヨークのキャリアウーマンに受ける。「働く女性」の普及の流れに乗るような形で成功。その点では80年代後半から活躍したダナキャランと似たタイプの存在。

CALVIN KLEINレディス楽天ショッピングページへ

CALVIN KLEINレディスYAHOOショッピングページへ

CALVIN KLEINメンズ楽天ショッピングページへ

CALVIN KLEINメンズYAHOOショッピングページへ

official site

http://www.calvinkleininc.com/


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

SHOP・BRANDページへ戻る     TOP PAGEへ戻る