BURBERRY・バーバリー通販

ブランドヒストリー Edit

創業者であるトーマス・バーバリーは1835年イギリス・サリー州ブロッカムグリーンで生まれた(1926年没)。小学校卒業後、生地屋で働き、羊飼いや農民が汚れを防ぐために服の上に羽織る洗いやすく肌触りもよい上着に興味を持ち、このメリットを生かそうと1856年イギリスロンドン西南の・ベイジングストークにてショップを開いた。そこで、布に織る前の綿糸に独自の防水加工を施し、細かく織り上げ、再び防水加工を行うことで、画期的な防水布地「ギャバジン」が生まれる。この名前の由来はスペイン語の「ガバルディナ」(巡礼者の着る上っ張り)といわれている。1888年ギャバジンの特許取得。1891年ロンドンのヘイマーケットに店舗を開設。1912年ヘイマーケット店が現在地に移転。

1914年に第一次世界大戦が始まると、トーマスは塹壕(トレンチ)で戦闘が繰り広げられることから、タイロッケン(ひもでロックするという意味)コートに修正を加え、手りゅう弾や剣、水筒をぶら下げるD字型リングをコートに止め金として取り付けた。これがバーバリートレンチコートの原型で、大戦では約五十万人の将兵が愛用したという。また、1911年初めて南極点に到達したノルウェーの探検家、アムンゼンもバーバリーのコートを着用していた。

そして、1919年、ジョージ五世からコートジャケット部門のロイヤルワラント(英国王室御用達)を受け、後にウィンザー公として知られるエドワード八世もグレートコート(厚地の大きなコート)のデザインを承認し、使用人らに着用させたという。
1950年にはジョージ六世が防寒具としてロイヤルワラントを与え、55年には女王エリザベス二世、89年にはチャールズ皇太子によって改めて与えられている。ちなみに有名な騎手と馬のマークも英国王室から授与されたもの。1909年、バーバリーが最初のカタログを発行したときに、レーベル・デザインを募集。選定基準は名誉、高潔、勇気で、甲胄を身につけた騎士をモチーフにしたデザインに決まった。旗に「PRORSUM」の文字が入っているが、これはラテン語で「前へ」という意味。後にこの「プローサム」はコレクションラインの名前として使用されることとなる。

1924年、コート裏地として始めてバーバリーチェックがデザインされる。カントリータータンと呼ばれるチェック柄からアレンジされ、デザインは公募で決まったという。67年にはパリのファッションショーで傘の柄として使われ、その後、バッグやマフラーなどファッションアイテムにも展開し、現在、色の組み合わせは約20種で、300点以上の商品に使用されている。

日本国内では1915年、丸善がインポート商品としてレインコートの輸入を開始。1970年には三陽商会がライセンス商品の製造・販売の権利を獲得。1996年には日本独自企画として三陽商会が「バーバリー・ブルーレーベル」をスタート。ターゲットは18‐25歳の女性で、デザインコンセプトはジャクリーヌ・ケネディやオードリー・ヘプバーンが現在20歳だったら何を選ぶかというところから。バーバリーの伝統にトレンドをミックスしたクラシックスタイルを表現。バーバリーチェックをうまくアクセントとして用いて、パブリシティも含め、ブランドイメージのリニューアルに成功した。安室奈美恵らが、着用したことで爆発的なブームとなる。ブルーレーベルは女性もののイメージが強いが原宿店や銀座店では一部メンズも展開されている。さらに2004春夏からは新柄「バーバリー・ドット」をスタート。

また、本国でも97年に元サックス・フィフス・アベニューの社長だったローズマリー・ブラヴォーが社長兼CEOに就任。新キャンペーンフォトによりブランドイメージを刷新するとともに、デザインを統括するクリエイティブ・ディレクターに、人気ブランド「ジル・サンダー」からロベルト・メニケッティを迎え、コレクションラインの「プローサム」をスタート。現在、バーバリー・プローサムはミラノコレクションで発表されている。新生バーバリーは、これまでの伝統的な雰囲気に、軽やかなモダンさとモード性が加えられ、広告宣伝も世界統一のビジュアルを使用。全世界統一の商品、ショップデザイン、ウインドーディスプレーなどを展開している。

1998年にはバーバリーの新ブランド「トーマスバーバリー」を日本で展開。ブランド名は創業者に由来し、「バーバリーの新しい普段着」をコンセプトに、英国では91年からスタートしている。バーバリーチェックではなく、「TBチェック」がトレードマーク。メンズから、レディース、キッズまでそろい、家族でのコーディネートも可能。ショップは心をいやす「ガーデニング」がコンセプト。衣類だけでなく、「トーマスバーバリー」独自の視点で選んだグラスやランチョンマットなどの生活雑貨も並び、リラックスできるライフスタイルを提案している。現在、東京の三越恵比寿店をはじめ、全国十店舗で展開されている。さらに、ブルーレーベルの姉妹ブランドとして、1998年には25歳から35歳の男性向けの「バーバリー・ブラックレーベル」を投入、顧客の拡大につなげた。2000年からは子供向けの「ベビー・トドラー」なども開始している。2000年12月銀座に旗艦店オープン。

2002年7月、ロンドン証券取引所に上場。2003年秋、ハウスコレクション日本上陸。2004年4月9日表参道に日本で2番目となる路面店をオープン。

2007年、2008年と2年連続でクリストファー・ベイリーが英国ファッションアワードの最優秀メンズデザイナーを受賞。

2008年11月、バーバリーは、日本で長年のライセンス・パートナーである三陽商会と三井物産とともに日本でアクセサリーなど非アパレルラインのインポート品を2009年から展開する合弁会社「バーバリー・インターナショナル」を設立。新会社はバーバリーが多数株を所有する。

2009年6月、英国政府は女王誕生日の叙爵・叙勲リストを発表。バーバリーのクリエイティブディレクター、クリストファー・ベイリーにファッション産業への貢献によりMBE(Member of the Order of the British Empire、五等勲士)が授与された。

2009年9月5日、表参道店を全面リニューアル。バーバリーチェックをモダンにアレンジした外観をはじめ、ショップのデザインやコンセプトは、クリエイティブ・ディレクターのクリストファー・ベイリーの手による最新のショップコンセプトを導入。また商品ラインナップも、「バーバリー プローサム」のコレクションがこれまで以上に充実するだけでなく、バッグやサングラスなどのアクセサリーやフレグランスなど、ウェア以外のアイテムも幅広く展開。リニューアルを記念し、バッグ(ウィメンズ、メンズ、各1型)とスヌード(ネックウォーマー)の限定アイテムも登場。

2009年秋、ARTOFTHETRENCH.COMと名づけられたソーシャル・ネットワーキング・サイトを開始。サイトは、主要都市のストリートでトレンチコートを着ている顧客を撮影したScott Schumanの写真から開始される。

2009年9月、これまでミラノで発表していたバーバリー・プローサムの2010年春夏レディスコレクションをロンドンコレクションを主催するBFC(British Fashion Council)の25周年を記念してロンドンで披露。

2009年11月クリエイティブディレクターのクリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)がチーフ・クリエイティブ・オフィサー(Chief Creative Officer、CCO)に就任すると発表。「クリストファーの新しいポジションを発表できることは大きな誇りであり名誉でもあります。クリストファーは過去9年間、この他に類を見ないブランドを刷新し、現代化しました。クリストファー・ベイリーはこの世代で最も素晴らしい才能を持ち、それでいながら謙遜の心を持ってそれを行います」とCEOのAngela Ahrendts。「このブランドの素晴らしい歴史の一部となり、情熱あるAngelaとともに働けて光栄です。私はバーバリーで働くすべての人たちに敬意を表します」とベイリー。

2009年英国ファッション・アワードで、大賞ともいうべきデザイナー・オブ・ザ・イヤーにバーバリーのクリストファー・ベイリーが選ばれた。バーバリーはデザイナー・ブランド・アワードも受賞。

2010年4月28日、「銀座マロニエ通り」店が、商業ビル「ZOE銀座」内にグランドオープン。チーフ・クリエイティブ・オフィサー、クリストファー・ベイリーによって最新デザインを施されたショップは、壁面にブランドのアイコンであるハウスチェック柄を配した。店では、バッグやアクセサリーといった小物をはじめ、トレンチコートやフレグランス、アイウェア、時計などをラインナップ。オープンを記念して、ハウスチェックにカラフルなトリミングを取り入れた「ヘイマーケットカラー」のバッグやアクセサリーも発売される。また、昨秋登場したデニムやアウターを主軸に「Dishebelled elegance casual expression」をコンセプトにした新ライン「バーバリー ブリット」が、銀座店限定でデビュー。

バーバリーのフレグランスをライセンス展開しているInter Parfumsはバーバリーのメーキャップ・ラインを開発し2010年7月に発売。ラインはファンデーション、パウダー、リキッド・ファンデーション、アイシャドー、アイライナー、リップグロス、リップスティック、マスカラなどを展開。コスメのパッケージングはベージュのトレンチ、内部のパッケージはアイコニックなチェックのデザイン。「ショーや撮影でバーバリーの精神がシューズやバッグ、服、アクセサリーによって要約されると感じた時からそれは始まりました。私たちがメーキャップを行っていた時、私たちが正しい姿勢を得ることができなかったように、私は感じました。間違った色、間違った調子、メーキャップ用の間違った精神。私はこの種の努力を必要としないエレガンスが欲しかったのです」とクリストファー・ベイリー。ベイリーのインスピレーションはクラシックとウェアラブルなトレンチコートであり、メーキャップでも同じ姿勢を伝えることを望んだという。「トレンチコートのように、それは、どんな場所でもいつでも着用することができます」とベイリー。ビューティラインのキャンペーンはメインラインと同じ雰囲気で、バーバリーのトレンチコートを着たリリー・ドナルドソン、Rosie Huntington-Whiteley、Nina Porterが登場。撮影はマリオ・テスティーノ。

2011年春、「Burberry Bespoke(バーバリー・ビスポーク)」と名づけられたトレンチコートのオーダーサービスを開始。顧客は生地や色、ボタン、ライナーまでオンラインで、1200万以上のスタイルを選ぶことができる。

BURBERRYレディス楽天ショッピングページへ

BURBERRYレディスYAHOOショッピングページへ

BURBERRYメンズ楽天ショッピングページへ

BURBERRYメンズYAHOOショッピングページへ

official site

http://jp.burberry.com/


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

SHOP・BRANDページへ戻る     TOP PAGEへ戻る