防融加工

防融加工とは合成繊維が高温で融解しにくくする加工のことで、熱に強いアクリル樹脂のコーティングし皮膜をつくる方法のほか、熱を受けると水を出す加工などがある。
合成繊維は一般に200度程度から融解し始めるため、安全上重要な加工である。けばのないフィラメントの布に多く用いられる。

関連項目

合成繊維
フィラメント

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る