金欄

組織 綾織 Edit

品質 レーヨンキュプラ Edit

金欄とは正しくは金欄錦といい、綾織の堅い厚手の、先染め紋織という織物に、金糸を使って模様を織り出した絢燭豪華な織物である。という織物は約400年前に中国からわが国に製法が伝えられたといわれており、これが京都で発展し、現在でも京都が主産地となっている。
本来先染織物であるが、近年ではレーヨンキュプラのものもある。金欄錦のほかに大和錦、うんげん錦、唐錦、糸錦など錦には多くの種類があるが、いずれもからみ経糸を使って緯糸を押さえた一種のからみ織物である。

金欄.png

関連項目 Edit

織布
織物
綾織

レーヨン
キュプラ
先染め
紋織


経糸
緯糸

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る