とは、混色の三原色の一つである。可視光でいちばん長波長寄りの光によって見える色のこと。
語源は「あけ」で、あけは明白、何もないという意味で赤貧や赤裸に通じる。
中国では「紅」をとして使い、最古の色とされている。

関連項目

三原色

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る