解し織

解し織とは整経捺染した織物の一種で経糸に捺染を行うために粗い間隔で緯糸を織り込み、経糸がばらばらにならないように織り込む。
捺染後は仮の緯糸を抜いて正規の緯糸を織り込む。そのため、絣のようなぼかしの効果があらわれるのが特徴。
平織の場合は両面ともまったく同じに見え、経朱子のものは経糸捺染の効果がよくあらわれる。二度織ることにちなんで再織りとも呼ばれる。模様の輪郭と色調が鮮やかに出る独特な趣があるのが特徴である。

関連項目

織布
織物
捺染
平織
経朱子

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る