蘇芳色

蘇芳色とはインドやマレー半島のマメ科の小潅木のことをスオウという。その幹の芯材を煎じてできる色のことで、飛鳥・奈良時代に多用された。蘇芳とはマレー語のsapangに由来するとされる。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る