縞羽二重

組織 平織 Edit

品質 Edit

縞羽二重とは色や、太い、組織でを表わした羽二重の事を指す。羽二重とは経糸緯糸ともに無撚りの生糸を使った薄地の平織物のことで、織り上げた後に精練して白地、あるいは無地染などにする。
心地よい肌触りと穏やかな光沢があるのが特徴。縮緬と並ぶ代表的な織物であったが、現在では少なくなっている。綾羽二重、朱子羽二重、紋羽二重などバラエティに富むみ、軽めのものは特産品として輸出されるほかスカーフや絶縁材料に、重めのものは着尺やドレスブラウスなどに用いられる。

縞羽二重.png

関連項目 Edit

織布
織物
平織



羽二重
経糸
緯糸
精練
縮緬
スカーフ
ドレス
ブラウス

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る