綾織

綾織とは斜文織とも言い、布面に右方向もしくは左方向に斜めの綾目を表わした織りである。
右上方向のものを右綾織、左上方向のものを左綾織と呼ぶ。表面と裏面の綾方向は逆に仕上がる。
綾織には様々な種類があるが、これは経糸緯糸との交織順序を変えたり、組み合わせて変える事によって生まれる。綾の角度は15度~75度程度まであり、一般には45~75度までが多く使われ、一定区間内の経糸緯糸が同数、同じ密度で織られた場合、45度に仕上がる。

<特徴>
・布地に方向性を持たせる事が出来る。
・フロートが短い為、引っかかりが少ない。
・布面に多少の光沢が生じる。
・柔軟性に富んでいる。
<欠点>
平織より摩擦に対しやや弱い。
<代表的な素材>
サージギャバジンカルゼビエラデニムフランス綾バーバリー

綾織.jpg

関連項目

基本三原組織
斜文織
経糸
緯糸
サージ
ギャバジン
カルゼ
ビエラ
デニム
フランス綾
バーバリー

関連書籍

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る