綾綛

綾綛とは(かせ)に巻く時に上下のの層がゆるい角度で重なり合うように、が斜めのある角度を持って巻いたのこと。
このように巻くと、まっすぐに巻くよりも巻き返す時にもつれにくく巻き返しやすい。織糸にはこれが用いられる。

関連項目



あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る