糸の太さの単位

糸の太さの単位とは、綿糸用、羊毛糸用、麻糸用の番手(Count)、綿糸フィラメント)用のデニール(Denier)がある。
これとは別に、繊維によって単位を使い分ける煩わしさを避けるため、統一番手としてテックス番手がある。綿糸用、羊毛糸用、麻糸用番手とは、純綿、純羊毛糸、純麻糸用ということではなく、ポリエステルなどを綿、羊毛、と混紡したも、綿、羊毛、麻番手を使う。
番手デニールの長さと重さから割り出した数字である。紡績糸用の各番手は一定の重さに対する長さから番手の数字がもとめられる。これを重さが一定であることから恒重式という。
デニールは逆に一定の長さに対する重さから数字が決められ、これを恒長式という。番手の方は数字が大きくなるほど細いを表わし、デニールは数今が大きくなるほど太いを表わす。
番手は一定の重さと長さの比から太さを表わすので、繊維の比重が変わると同じ番手でもの直径は異なる。すなわち、綿糸の405とポリエステル65%綿35%の405では後者の方が太くなる。したがって、綿糸の405と同じ太さのポリエステル65%綿35%のを求めると455ということになる。
なお平成11年にデニールに代わるデシテックスという単位が制定された。デニールと同じく恒長式である。当分デニールとの併用期間があり、順次この単位に移行される。

関連項目


綿糸
羊毛糸
番手
フィラメント
デニール
繊維
テックス番手
綿

ポリエステル
麻番手
紡績糸
デシテックス

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る