石綿

石綿とは鉱物繊維の一種。アスベストと同義。桂素と酸素が鎖状桂酸塩の構造となり、繊維となっている。
特に耐熱性が高いこと、電気絶縁性の大きいこと、耐薬品性がすぐれていることが特徴。紡績してにし、織物にして石綿布となる。石綿をそのままセメントに混入してスレートをつくる。石綿糸や石綿布は断熱材、絶縁材、保温材として電線、パイプの被覆材に、防火服、石綿ふとん、パッキングなど、また航空宇宙用の耐熱部品などにも応用される。

関連項目

繊維
鉱物繊維
アスベスト

織物

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る