牽切紡績

牽切紡績とは化学繊維特有の紡績方法で、わたから紡績するのではなく、トウという連続した長繊維の太い束をつくり、この束を切断ローラーで適当な長さに切断する方法、または引っ張って切断する方法がある。これによってトウを引きのばして細くし、にする。パーロック式と直機紡績式がある。

関連項目


化学繊維
紡績
長繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る