水濡れによる変色加工

水濡れによる変色加工とは顔料プリントの布地の上に二酸化珪素を樹脂によりコーティングしたもの。
二酸化珪素は乾いていると白い色で、濡れると透明になって地のプリントの色模様が現われる。二酸化珪素が水で濡れると透明になる性質を利用した商品。

関連項目

顔料プリント
コーティング

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る