壁糸

壁糸とは、意匠糸の一種であり、生糸を数本強く右撚りにしたを、細い平糸の回りに巻き付けるように撚り合わせたのことである。
また、壁縮緬(かべちりめん)、壁風通(かべふうつう)などの緯糸にも使われる。壁撚り糸ともいわれている。大きなしぼのある織物(壁織)を織る場合に緯糸として用いる。

関連項目


意匠糸
生糸
緯糸
壁縮緬
壁撚り糸
織物

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る