可紡性

可紡性とは繊維からをつくるときの、つくりやすさのこと。繊維は細い方が、また長い方が可紡性はよい。
さらに天然繊維綿ウールのように繊維に自然のよじれや捲縮(クリンプ)がある方がよく、化学繊維も捲縮のつけ方で可紡性が変わる。

関連項目


繊維
天然繊維
綿
ウール
クリンプ
化学繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る