公定水分率

公定水分率とは繊維は大気中で自然にある程度の水分を吸収する。この吸収する水分の量は繊維の種類によって異なる。
繊維原料およびはすべて目方によって取引される。したがって、取引の公正を期するため、各繊維について表に示すように公定水分率が決められている。ポリエステルなどの合成繊維は公定水分率が極めて低く、天然繊維は一般に高い。しかし同じ植物繊維でも、綿ではかなりの差がある。

関連項目

繊維

ポリエステル
合成繊維
天然繊維
植物繊維
綿

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る