ワッシャー加工

ワッシャー加工とは主としてデニムを素材とするジーンズを製品の状態で、ドラムに入れ回転させながら洗う加工。
ドラムの中に木綿の表面を弱らせるベルラーゼという酵素と石片を入れてドラムを回転させ、ジーンズの表面を磨耗させて、デニムの中心部の白いところを露出させる。

関連項目

デニム
ジーンズ
木綿

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る