リネンスラブ

組織 平織 Edit

品質 100% Edit

リネンスラブとは意匠撚糸であるスラブヤーンを使って織った織物です。スラブヤーンとは、ところどころに粗大な節ができるのことです。別名、節糸とも呼び、細い部分と太い粗節な部分とをつくり、細い部分には強い撚りをかけ、太い部分には甘い撚りをかけ、さらに細い撚り合わせてつくったもので、の持ち昧とよく合い、地厚でラフなタッチが表現されています。リネンスラブは主に、夏のカジュアルジャケット等、マニッシュな服種に向いています。しかし、非常にしわになることが大きな欠点です。

リネンスラブ.jpg

関連項目 Edit

平織

スラブヤーン
織物

節糸
撚り ジャケット


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る     TOP PAGEへ戻る