リップル加工

リップル加工とは二次的な仕上げ加工。
綿等の繊維が水酸化ナトリウム溶液で収縮する性質で利用した加工法の一種で、あらかじめ防アルカリ剤を含むのりを印捺した織物などを水酸化ナトリウム溶液中に通すか、アルカリ剤を含むのり剤を印捺するかして、部分的に縮ませた模様を付ける。

関連項目

綿
繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る