ブラスト加工

ブラスト加工とは二次的な仕上げ加工。主にジーンズ等、綿素材の布帛を用いたカジュアル商品に用いられる。砂を高速で吹き付けることにより、生地の表面を削り取り中古感を出す方法。

ブラスト(Blast)とは英語で「吹き付ける」といった意味で、天然の砂粒または人工的に作った「アルミナ」という細かい粒子をコンプレッサーエアーで噴射させ、生地表面にダメージを与え、着古した様なアタリ、色落ち、毛羽立ちを表現する加工である。
バイオウォッシュ加工とは違い、よりハードな中古感を表現するのに適している。手作業で作られる。

取り扱う素材、完成イメージを十分把握し、研削剤の粒度、エアーの圧力、 使用するノズル径、吹きつけ時間など、意とする仕上がりを作り出すために最適な条件を設定することが重要となる。

ブラスト加工.jpg

関連項目 Edit

バイオウォッシュ加工
ジーンズ
カジュアル
綿

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る