ピッグスキン

ピッグスキンとは、偶蹄目の豚革のことで日本でただ一種、国産で供給が間に合う革であり、世界では中国を筆頭にアメリカ、ヨーロッパが主要生産地である。
わが国では輸出もしている。銀面を堅いが突き抜けているため、表面に独特の毛穴模様がつき、通気性にたいへん優れているほか、耐摩耗性にも優れていて、加工がしやすい。型押しのプリントなどでの付加価値を高めることができ、靴、袋物、レザーウールなどに利用される。

関連項目

皮革・毛皮
銀面

プリント
付加価値

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

皮革・毛皮ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る