ニットデニット糸

ニットデニット糸とは編み立てたをほどいた。つまり、編み立てることによりできた凹凸をそのまま残したのこと。
これを使って再びニット生地を編み上げると凹凸の大きな、表面変化のある生地となる。の製造方法は編み立て、付形のためのセット、解除、巻き取りを1工程で行う。

関連項目


ニット

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る