シャネルルック

シャネルルック(Chanel look)とは、1920年代のギャルソンヌルックで知られるパリのデザイナー、ガブリエルシャネルによって生み出されたスタイルの総称。
襟なしカーディガンスーツ「シャネルスーツ」「シャネルツイード」をはじめ、リゾート感覚の「ビアリッツルック」などが代表的で、当時は画期的なスポーティスタイルとされた。
ゴージャスなアクセサリー使いが大きな特徴となっており、現在ではリッチなエレガンスファッションの主なスタイルとして位置づけられている。

関連項目 Edit

ギャルソンヌルック
シャネルツイード


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る