コールドパーマ

コールドパーマ(cold permanent wave)とはコールドパーマネントウェーブの略。熱を用いず薬剤だけで処理するパーマのこと。1936年にイギリスの化学者が発明したとされる。日本では戦後に普及し、現在のパーマネントウェーブの代表的なものとされる。

関連項目 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る